お知らせ&サロン便り

2016-06-20 12:44:00

心の内を話すことのセラピー



自分の話しを誰かに

 

じっくり聴いてもらうことのセラピー。

 

 

心に溜まっていることを

 

外に出すって大切ですよね。

 

 

体の強張りと痛みが主訴の

 

クライアントさまの事例です。



いつもなら、ヨガで気持ち良さを感じる方なのに、

 

その日はずっと居心地が悪そうでした。

 

どこか気持ちに焦りがあるご様子。

 

呼吸も浅いままです。

 

 

思い切って、一度ヨガを中断。

 

対話の時間へと切り替えました。

 

 

お話を伺っていると

 

クライアントさまは、徐々に、

 

自分の本心が見えてきたようでした。

 

 

心の芯に抱えていたことが話せたとき、

 

呼吸は、落ち着きを取り戻し、

 

深いリラクゼーションの世界へと入りました。

 

 

シャバーサナの微睡から覚めたとき、

 

最初に感じていた、強張りと痛みは軽くなっていました。

 

 

誰かに話しを聴いてもらう。

 

 

共感してもらえたり、

 

自分で自分のことが理解できると、

 

気持ちがホッとしませんか。

 

 

それ自体がセラピーであり、

 

心身を休め、不調の回復を促します。

 


1